小さなしあわせでも、たくさんあれば大きなしあわせ♪


by tomotomorin68
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

聖女の救済

聖女の救済

東野 圭吾 / 文藝春秋

先日紹介した「ガリレオの苦悩」と同時発売だった長編の本です。
風邪で寝込んでいる間に、読み終わってしまいました。
長編と言っても読みやすいですから…

「ガリレオの苦悩」は短編集でしたが、こちらは長編。
こっちの方が私としてはおもしろい
やっぱりじっくりと話を進めてくれた方が謎解きの醍醐味を味わえるというか…。

話は、奥さんが留守中に男性が死亡します。
当然奥さんが怪しまれる訳ですが、彼女は旅行中でアリバイは完璧です。
はたして彼女が犯人という立証ができるのか…。

始めの方で、奥さんの心理描写で犯人だろうなぁという言葉が出てきますし、全体的に彼女が犯人であろうという雰囲気の中で話は進みます。
でも、アリバイは崩せない。
最後にわかった殺害方法は…。

ちょっとせつないといいますか、女性は怖いといいますか。
でもこれは、殺されたご主人も悪いよねぇ…、という結末です。

長編と言ってもすんなり読めると思いますよ。こちらの方が、おすすめです

スコア:


[PR]
by tomotomorin68 | 2009-03-05 21:25 | おもしろかった本