小さなしあわせでも、たくさんあれば大きなしあわせ♪


by tomotomorin68
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地団駄は島根で踏め

何のこっちゃ?と思う題名ですよね。
「地団駄」のように、どうしてこういうんだろう?と思う言葉の語源調べの本です。
でも、真面目に文献を調べて「古くは~の時代に…」という書き方ではなくて、実際に由来の場所に行ってみる!という筆者なんです。

「ごり押し」「ごたごた」「あこぎ」「ちんたら」「二の舞」といった言葉、日頃使うけれど由来なんて考えたこともないですよね。
たとえば「急がば廻れ」は使い方から言っても見当がつきますが、琵琶湖が由来とは知りませんでしたよ。
湖を船で横断すれば早いけれど実はよく荒れるので、荒れてしまうと船は出せないし、出したら命がけ。
だから「急がば廻れ」なのだそうです。
おぉぉ~~ですよね。

言葉ごとに章が分かれていて、それぞれも短い。
気楽にちょこっと読めますよ。
[PR]
by tomotomorin68 | 2009-05-19 17:08 | おもしろかった本